銀行カードローンの審査も信用情報に基づいて行われる

銀行カードローンや学生ローンの審査も、信用情報に基づいて行われます。個人信用情報機関に載っている借り入れなどの履歴が、審査の最重要項目といわれています。

 

審査では申込者の年齢、勤務先、勤続年数、家族構成、自宅は借りているのかあるいは自分の持ち家なのかといったことももちろん見られるものですが、信用貸しといわれる担保や保証人が要らない貸し付けではその人の借り入れや返済の履歴が最も重要視されます。

 

これまでに借り入れしたときに延滞をしたことがあれば、また貸付しても延滞するのではないか、と考えられてしまうのです。銀行カードローンや学生ローンなど貸し付けをする側にしてみれば、お金を貸してそれが返されなければ、営業は成り立っていきません。貸付する側が最もこわいのがこの貸し倒れという状態でしょう。

 

ですから、過去に延滞をしたり返さなかったりといった履歴は、数年単位で情報として保存しておくわけです。借り入れする側にしてみれば、一度でも延滞の履歴がついてしまうとその後のローンなどに大きな影響がでてしまうということになるのです。

 

また担保や保証人が必要でないかわりに、保証会社の保証を受けることが借り入れの条件となっています。銀行カードローンや学生ローンの保証会社は、信販会社や消費者金融などが行っています。

 

銀行カードローンや学生ローンは全く初めて申し込むといった場合でも、その保証会社の消費者金融で借り入れをしたことがあり、延滞などの履歴があった場合は審査に通らなくなる可能性が高くなってしまいます。
参照元・・・学生ローン徹底比較

消費者金融と契約しても詐欺に関連する名簿に載る心配はない

消費者金融と契約した場合、そういった名簿が出回ってしまうのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、一般的に、金融会社も普通の会社と同様に、個人情報保護法が適用されるので、情報の流出というのは基本的には心配する必要はありません。ただ、たとえば、借りたお金を返せずに自己破産してしまったということになると別の問題が出てきます。

 

それは、自己破産したという情報は名前と住所と共に官報という、誰でも読むことが出来るものに掲載されるので、それを元に詐欺のターゲットになる可能性が出てくるというものです。自己破産したということは、当然、お金がないということが考えられるので、たとえば、銀行の通帳などを売らないかといった勧誘が行われるという可能性があります。

 

また、ヤミ金などからも、自己破産者に対してもお金を貸すことが出来るといった連絡が来ることがあります。当然、こういった勧誘に乗るのは危険なことなので、無視するようにしましょう。自己破産したという情報を、なんとか人に見られないように出来ないかと思う人も多いでしょうが、官報に掲載された時点でそれは無理と言えます。

 

なので、お金をいくらか払えば、自己破産したということを他の人にはわからないように出来るといった勧誘にも要注意です。自己破産後のこうした勧誘は、ずっと無視し続けていれば次第になくなっていきます。なので、勧誘が行われるということに対して、それほど不安に思う必要はないでしょう。シュレッダーを買って、届いたはがきは裁断処分するようにするといいでしょう。